その木目は自然が奏でるハーモニー。一本の大木から切り出した板で創る迫力の一枚板テーブル。

素材について

 材質は主に国産の広葉樹です。その理由は国産の木が日本の気候で使用するのに一番適していること、それから広葉樹のほうが針葉樹よりも強靭で家具にした後の割れや傷ができにくい事です。
すべての板が伐採時より管理され、まず5年~7年自然乾燥を行います。その後人工乾燥にかけ、木がお客様の家で使うのに最も安定した状態(含水率13%前後)にします。

仕上げについて

 乾燥の済んだ板はほとんどが反ったり、割れが入ったりしています。反りに関しては、まずは高周波プレス機を使ってできるだけ平らにします。まだ残っている反りはカンナで削って平面をだします。割れが入った部分は基本的にそこを切り落とすような事はしません。その部分にはちぎりを打つなどして、割れや節等も表情の一部としてとらえた仕上げを行います。
一枚板は一つ一つ大きさ、形、表情が違うものである為(そこが大きな魅力の一つなのではあるのですが)お客様の思いに近い板に出会うにはたくさんの板を見てもらうしかないと私達は考えます。
当工房では神戸ショールームと大阪ショールームで全国でも最大規模の約300枚の板材を展示。
乾燥済みの素材を前に仕上げから脚の形に至るまでご相談いただけますので、きっと自分だけのテーブルに出会えるはずです。

同じ形、同じ表情を持つ板はありません。まさに世界に一つだけのオリジナルテーブルとなります。

店内にずらりと並ぶ天板用素材。この中からまずはお気に入りの一枚をお選びください。

栃の木の枝分かれの一枚板です。枝分かれの部分はチギリを入れて仕上げています。

栗の木の一枚板テーブルです。二股にくぼんだ部分には観葉植物を置いてます。

厚みが約150ミリのウォールナット一枚板です。めったにお目にかかれないボリュームの板です。

専門の職人が一枚一枚ていねいに磨いて行きます。板の仕上げには体力と時間を要します。しかし手間をかけた分だけ良い物が仕上がるのでとてもやりがいがあるのです。

手創り工房 風樹の塔

本社・奈良工房
〒632-0251
奈良県奈良市針町3848-1
TEL:0743-82-0328
FAX:0743-82-5008
定休日:毎週木曜日、年末年始

奈良店
〒632-0245
奈良県奈良市藺生町1679
TEL:0743-89-1185
定休日:毎週水木、年末年始
OPEN10:00~CLOSE18:00

神戸店
〒650-0044
神戸市中央区東川崎町1-2-2
HDC神戸2F
TEL:078-371-8158
定休日:毎週水曜日 年末年始
OPEN10:00~CLOSE19:00

イオンタウン富雄南店
〒631-0054
奈良県奈良市石木町100-1
イオンタウン富雄南内
TEL:0742-51-0597
FAX:0742-51-0598
定休日:年中無休
OPEN10:00~CLOSE19:00

モバイルサイト

モバイルサイトへ

ページの先頭へ